アラフィフ主婦のブログ

アラフィフ 主婦の目覚め。満たされない感情の沼から抜け出したい!

新婚時代 手放したい気持ち

f:id:marblerainbow:20200810125238j:image

 

新婚時代♡ 22年も前の事。

ウキウキしたものではなくて、なんとなーく影がある印象が(笑)

 

私は子供の頃から結婚して子供を産み母親になりたいと思っていた。

親からの洗脳なのかもしれない。

幸せとは、結婚して子供を産み育てること。

強い思い込みがあった。子供は好きだった。

子供のころから、私が将来結婚する相手は今何をしてるんだろうと想いをはせていた。

 

結婚してしばらくは子作りへの執着があった。

主人も同じく子供は欲しがっていた。

子供は思うようにすぐには授からなかった。

一度流産もした。本当に辛かった。

ほんのひと時お腹に宿った幸せを感じた。

悔しかった。

早く授かりたい焦りの気持ちが自分を苦しめた。

友達からの妊娠報告に胸を痛めた。

不妊で悩む人の気持ちは少しだけわかる。

妊娠する為にアレコレ試した。

今夜がチャンス!という日に主人が飲み会に出かけたりして苛立ったりもした。

 

その反面、カレンダーを見ながら今日致したら本当に授かるかもと思うと怖気づいたり躊躇して逃げようとする自分もいた。

 

大家族で育った私は新婚生活に寂しさと孤独を感じていた。

1人でスーパーに行き、家事をこなして、夕飯を作り健気に主人の帰りを待った。

今夜は飲みに行くから遅くなると急に言われた時の孤独感。

あの時に感じた胸の切なさ。

結婚したのに独身の時より孤独を感じた。

旦那さんともっともっと一緒にいたかった。

主人からの愛情は感じていた。

友達と会ったり、仕事をしてみたり、実家でワイワイ過ごしたり、退屈しない生活をしていたけど新婚時代やたら寂しさを感じていた。

 

あの時の自分へ

子供の頃から何でもぐっと我慢してたね。

新婚時代、よく寝るときにコッソリ泣いてたよね。

甘えられなかったね。寂しいと言えなかった。

甘えていいよ。

 

そう声をかけるだけで、当時の自分が癒される感覚がある。

 あの時の自分の写真の顔を見ると表情がとてもキツイ。

 

やっぱりセッが思うように求めてもらえなくて、

それが寂しさの正体だったよね。

 一緒にいてもなんか寂しかった。

精神的に全く自立できていなかった。

 

子供が早く欲しかったから子づくりの為にするって感じになっていた。

普通に営んで自然に授かりたいなぁと思ったりしていた。

 

レスになった今思うと、あの頃は求めてもらえていたし、

寂しさや不満は自分が暇すぎたのと、

早く子供が欲しい焦りのせいだったと思う。

 

この頃、もう既に主人は私との性生活にプレッシャーを覚えていたのかもしれない。

 

この後、2人子供を授かり18年間育児に奮闘し自分も成長することができた。

育児は気づきや学びが深いかけがえのない経験となった。

共に子育てをし夫婦の絆も強くなった。

 

子供を授かってからは自分1人の時間がとても貴重なものとなった。

1人で過ごす夜が寂しかった時が懐かしい。

 

子育てが一段落となった今、心がザワザワしている。

子供へ向かっていた意識が自分に向いて気づいた。

私はお母さんであり妻であるけど、もう女ではないのか。

気づけば12年間セックスレス。終わってる笑

 

知らぬ間に自分の中に深い闇ができていた。

気づかないフリをしてた。

 

この春に自分の気持ちが騒ぎ出したきっかけとなる出来事があった。

自分が突然変異した。

 

変わりたいと思った。

いや、本来の自分に戻りたいと思った。

そして今、そのために模索している。

ジェットコースターのようにアップダウンが激しい笑

 

セックスレスに悩む人、夫婦関係に悩む人、若い世代、更年期アラフィフ世代

人に言えない思いを抱えている人は多いと思う。

 

内に閉じ込めているものを解放する為に、

自分と対話しながら気持ちを自己開示をしていきたいと思っている。

 

読んでくれた人、お付き合いありがとう♡ 

これからよろしくお願いします♡